1階・ワーキングスペース&レンタルスペース

ワーキングスペース

共用スペース

​道路

レンタルスペース

​レンタルスペースから猫のいるエリアを覗き込むことができます

レンタルスペース

 

半分外の、猫がチラ見えするスペース。ある時はカフェに、ある時はギャラリーに、

そしてある時はスナックに。三茶の利便性を活用した使い方はさまざま。

多様な人々が1日限りのお店を開くことも可能。時には、ノンアルコール、ノンカフェインのバーがお目見えするかもしれません。

neco-makers

猫のいるワーキングスペース

1Fにあるワーキングスペース「neco-makers」は、

布や皮革などテキスタイル素材加工を通じたマイクロものづくり拠点です。

各種ワークショップ、地域との繋がり等の支援、イベントの主催を行うこともできます。

譲渡対象の保護猫たちが出入りするワーキングスペースですので、猫と遊びながらものづくりのアイディアを考え、猫好き同士で異業種コラボをしながら商品企画を進めることが可能です。(現在、準備中です)

​レンタルスペース ”ねこの額”

半分外の、猫がチラ見えするスペース。

ある時はカフェに、ある時はギャラリーに、そしてある時はスナックに。三茶の利便性を活用した

使い方はさまざま。多様な人々が1日限りのお店を開いています。

​2020年

12月末まで

フリーレント

感染症の影響で経済情勢が急速に悪化しており、とくに零細事業者やフリーランス、飲食店を営まれている方々の苦境が伝えられています。

縁あってこの魅力ある場所に、地域活性化を標榜した施設をオープンするに当たって、この逆境の中で私たちにできることは何かを検討してきました。

SANCHACOでは、1Fの飲食可能なレンタルスペース「猫の額」を、2020年12月末まで約半年間の無料レンタル期間を設け、三軒茶屋で事業を営む事業者やフリーランス、飲食店の方々の創造的な活動を支援していくことに決めました。是非ともこの間に事業の立て直しや働き方の変革といった取組みのためにご活用ください。


保護猫を幸せにするための活動にも協力していただければと思いますので、猫好きな方を優先させていただきます。

【平面図】

 

​2-3階 猫と暮らすメゾネット住宅

保護猫譲渡団体と連携し、保護猫譲渡を推奨とした環境住宅。

二層空間を利用した、猫が楽しく快適に暮らせるデザイン。

猫にとって暮らしやすい家は、人間にも快適。

 

温熱環境に配慮した通風計画、素材選びなどがなされた木造耐火住宅です。

 

​現在、「ちゃとら」「はちわれ」が空室となっています。
 

​2-3階平面図(メゾネット4戸)

Roomみけ

Roomみけ

Room

​ちゃとら

Room

​ちゃとら

Room

​きじとら

Room

​きじとら

Room

​はちわれ

Room

​はちわれ